歌詞

1. シャイニングッバイ/池永芽

シャイニングッバイ/池永芽
作詞・作曲:池永芽

 
最後の指切り 交わした夜は
出会った日と 同じ星空で
はじまりの光 あの時のように
2人の未来 照らしていた
 
幼い子供のような恋だった
まっすぐで無邪気で だからよけい愛しくて
 
夢見た先まで恋しても
こぼれた破片がちょっとずつ・・・痛い
まだ消せない想いがある
夜空にあずけた涙は
星粒になってキラキラと
輝くと信じて
笑っていたいの
 
 
見上げた空より まぶしく映った
星の光 あなたの瞳の中
揺れて瞬くと 泣いてるみたいで
見つめるたび 切なかった
 
さよならのきれいなやり方さえ
わからない2人は 最後まで恋しくて
 
世界が色を失くしても
星の輝きは消えないと
教えてくれたのはあなただった
2人で奏でたメロディが
星屑になって降り注ぐ
あの日のまま ここで
笑っているから
 
 
恋した先まで愛してた
愛した向こうに夢を見た
だけどほんとすごく 好きだった
 
最後の指切り忘れない
きっと光つながってるから
自分の手で
きらめく星屑散りばめて
明日の夜空を描いてく
あなたの空 ずっと
輝いていて
私の星 きっと
輝かせるわ
 
・・・・・・シャイニングッバイ
 
 

『シャイニングッバイ』を動画で試聴する(約2分50秒)